カップ麺の賞味期限切れ半年~1年は食べられる?1ヶ月や2ヶ月は?膨張についても | 五反田朝日マンションや高級タワーマンション探し中の転勤族ブログ

カップ麺の賞味期限切れ半年~1年は食べられる?1ヶ月や2ヶ月は?膨張についても

スポンサーリンク

カップ麺を買い置きしたことを忘れてしまって、すでに半年以上賞味期限切れになっていた、という経験はありませんか?

でも捨てるのはもったいないし、かといって食べたらお腹壊すかも?という葛藤がありますよね。

結論から言うと、半年くらいの賞味期限切れであれば食べることができます!

ただし、カップが膨張していない、変な臭いがしないということが条件です。

さすがに賞味期限切れから1年過ぎたものは食べないほうがいいでしょう。

ここではカップラーメンは賞味期限が切れて何カ月までなら食べられるか?を解説します。

カップラーメンの賞味期限切れは半年から1年では食べられる?

結論から言えば、食べられることが多いです。

商品にもよるのですが、賞味期限としては半年ほどが多いです。

「賞味期限」とは、メーカーが定める食品を美味しく食べられる期限のことです。

なので賞味期限が切れるというのは多少味が落ちることであって、食べられないということはありません。

ただし、賞味期限は未開封の食品での期限を指します。

カップラーメンの場合、開封した状態で保存をすることはないと思われますので、賞味期限が切れても大丈夫ですよ。

気をつけてもらいたいのが消費期限です。

これは、メーカーが定める食品を安全に食べられる期限となっています。

なので消費期限が切れた状態の食品を食べると、お腹を下す可能性も否定できません。

その際にも自己責任となるので注意をしましょう。

スポンサーリンク

カップ麺の賞味期限切れからいつまでなら大丈夫?

では賞味期限切れからいつまでなら大丈夫なのでしょうか?

消費期限は賞味期限の1.5倍程度の期限だと考えてOKです。

なので、半年の賞味期限の場合は、大体9ヶ月が消費期限となります。

それ以内でしたら基本的には食べることができます。

ただこれも食品や保存方法にもよります。

カップラーメンの場合は封を開けることがないので、賞味期限切れの1.5倍ほどまでは大丈夫だと言えます。

しかし、生物の場合は当然早く食べた方がいいですし、封を開けているもの場合は、賞味期限も関係なく早く食べるようにしましょう。

上記の通り、賞味期限は未開封のものの期限ですので、開封済みの場合、賞味期限は関係ありません。

「開封をしたらお早めにお召し上がりください」とパッケージングされている通り、開封をした場合は早く食べるようにしてください。

カップ麺の場合は、消費期限をさらに過ぎた場合には、お腹を壊すことも多く、麺も湿気を吸ってしまっている可能性もあります。

スープも固まってしまって結局全然美味しくないし、食べたら危険ということもありますので、もったいないですが処分をするようにしましょう。

スポンサーリンク

カップ麺の賞味期限切れ1ヶ月、半年、1年は?

上述の通り、カップ麺の賞味期限切れ1ヶ月、2ヶ月~3ヶ月くらいであればギリギリ食べられる可能性はあります。ただし、未開封の場合に限ります。

4ヶ月も過ぎると少し微妙なところでカビが生えていたりしていなさそうならば自己責任ではありますが食べることはできそうです。

しかし味は損なわれている可能性が高いです。

さすがに半年くらいになると食べないほうが無難です。

どうしても食べたければ、異臭はしないかカビなど生えていないかしっかり確認してください。もちろん自己責任です。

そして1年過ぎたものはさすがに麺などが変色し、様子があやしいものが多いです。残念ながらそのまま捨てたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

カップ麺の賞味期限切れで膨張しているのは?

賞味期限が切れてしばらくしているカップ麺は膨張しているものもあったりします。その原因は麺の酸化です。

麺を油であげているものは酸化し、その際にガスが発生します。そのガスが容器を膨らませていいるためです。

酸化した油は体によくない物質なので、食べないほうがいいでしょう。

ノンフライ麺であれば油で揚げていないので膨張することは少ないでしょう。長期保存として購入する場合はノンフライ麺のカップラーメンを選んでおくといいでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

カップ麺の賞味期限が切れていても食べることはできます。

ただし、それは賞味期限が切れても消費期限内の場合です。

賞味期限はメーカーが保証する味の期限ですが、消費期限の場合は安全に食べられる期限です。

上述したように、目安としては賞味期限の1.5倍ほどですので、それが過ぎていたら食べるのは避けましょう。

よく賞味期限を切らしてしまうという人は定期的に期限をチェックしてくださいね。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました