ソファの合皮がボロボロの補修はどうする?補修方法や寿命を伸ばす方法も! | 五反田朝日マンションや高級タワーマンション探し中の転勤族ブログ

ソファの合皮がボロボロの補修はどうする?補修方法や寿命を伸ばす方法も!

スポンサーリンク

ソファって長年使っているとくたびれてしまいますよね。

特にソファの合皮はボロボロになってしまって、見た目的にもよくありません。

このソファの合皮がボロボロになった場合、補修はどうすればいいのでしょうか?

方法が気になりますよね。

ここではソファの合皮がボロボロになった場合について詳しく解説をしていきます!

ソファの合皮がボロボロの補修はどうする?

革のソファって気持ちがいいですよね。

革は使い勝手がよく、丈夫で長年使うことによって味が出る素材となっています。

しかし、革は高級素材であるため、ソファには合皮が使われていることが多いです。

まずはこの合皮について解説をしていきます。

合皮とは革に似せて作られた生地のことを指します。

素材としてはポリ塩化ビニルやポリウレタンなどが使われており、革に比べて安価なため人気となっています。

ですが、合皮の場合にはボロボロになりやすいという欠点があります。

特にソファの場合には体重をかけられて使用頻度が高いため、すぐにボロボロになってしまいやすいです。

ソファの合皮がボロボロになった場合ですが、補修としては以下の方法があります。

補修シートを使う

まず紹介をするのがソファの合皮の補修シートです。

こちらはボロボロになった合皮の部分に貼り付けるだけで簡単に、ボロボロの部分を隠すことが可能です。

補修シートは様々なカラーがありますので、自分の使っているソファに合わせて選ぶようにしましょう。

ソファ以外以外にも車のシートや鞄などにも使うことが可能です。

ただこちらはあくまでも目立たなくするためのシートとなっています。

ソファを使っているうちに剥がれてしまうこともありますし、ボロボロになった範囲が広いと、補修シートでは隠しきれないこともあります。

傷かくしクリームを使う

ソファの合皮がボロボロになった場合ですが、こちらも使うことができます。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon

こちらはクリームタイプとなっているので、ボロボロになった合皮の部分に塗り込むようにしましょう。

クリームを塗ることによって、色がはげてしまった部分や、ボロボロの箇所をカバーし、自然な仕上がりにすることができます。

クリーム自体は色が何種類かあるのでこちらもソファに合わせて選ぶようにしましょう。

また複数のクリームや薄め用などを使って馴染ませるのもおすすめです。

こちらもソファはもちろんのこと、財布やバッグなどの合皮のアイテムにも使うことができますよ。

このようにソファの合皮は補修用のシートやスプレーで補修をすることができます。

ただどちらにしろこれらは応急処置であり、しっかりと補修するものではありません。

合皮の場合、一度ボロボロになったら元通りにするというのは難しいです。

あまりにもソファの合皮がボロボロになっている場合には、買い替えなども検討するようにしてくださいね。

スポンサーリンク

合皮ソファの寿命を伸ばす方法は?

ソファは使っていると愛着が湧いてきますし、できるだけ長く使いたいですよね。

ソファの合皮ですが、寿命を伸ばす方法としてはどうのようにすればいいのでしょうか?

続いて紹介をしていきます。

ソファの合皮ですが寿命を伸ばす場合、以下の方法があります。

紫外線を避ける

合皮ですがボロボロとなる原因に紫外線があります。

紫外線に当たりっぱなしの場所に置いておくと、合皮は寿命よりも短くボロボロになってしまいます。

なのでできるだけ部屋に置く際には紫外線を避ける場所に置いておくようにしましょう。

やむを得ず紫外線に当たってしまう場合には、ソファにシートを被せるなどして紫外線から当たらないようにすることも必要です。

部屋の湿気を少なくする

合皮は湿気にも弱く、湿気によってボロボロになっていきます。

なので除湿機やエアコンなどを使って、お部屋を湿気をあまりたまらないようにしましょう。

またソファに合皮用の撥水スプレーなどをかけて、水分の吸収を避けるようにすることもおすすめです。

勢いよく座らない

ソファですが、つい勢いよく座ってしまいがちですよね。

しかし、ソファに勢いよく座って体重をかけることによって、そこが傷みやすくなりボロボロになってしまいます。

なのでソファに座る際にはゆっくり座るようにして、極端に体重をかけないようにしてください。

ソファの合皮ですが、平均的には寿命は5年から7年となっています。

できるだけ大切に扱って、少しでも長くソファが使えるようにしてくださいね。

スポンサーリンク

合皮ソファがボロボロになる原因

そもそもソファの合皮がボロボロになるのは何が原因なのでしょうか?

こちらは様々な理由がありますが、特に大きい原因として挙げられるのが加水分解による劣化です。

合皮ですが、上記のように湿気や水分に弱いです。

日常的に湿気や水分に当てられることによって合皮は水分を吸収し、成分が分解をされてしまいます。

その結果、いつの間にかボロボロになってしまうというわけですね。

なのでしっかりと手入れや対策を行なって、ソファの合皮がボロボロになるのを防ぐようにしてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

ソファの合皮がボロボロになった場合、補修方法としてはシートやクリームを使う方法があります。

ただこれらは応急処置であり、完全に綺麗にすることは難しいです。

ソファは加水分解などでボロボロになりやすいので、しっかり寿命を伸ばす対策をするようにしましょう。

そしてできるだけソファに大切に使って、長く使えるようにしてくださいね。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました