コーヒー豆を挽くミルがないとき挽いてくれるお店はある?家にあるもので代用できる?持ち込みで挽いてくれる店舗はある? | 五反田朝日マンションや高級タワーマンション探し中の転勤族ブログ

コーヒー豆を挽くミルがないとき挽いてくれるお店はある?家にあるもので代用できる?持ち込みで挽いてくれる店舗はある?

スポンサーリンク

コーヒーミルがないのにコーヒー豆を購入してしまった経験がある方もいらっしゃると思います。

コーヒーは粉か豆か外から確認できないので、コーヒーの粉を購入したつもりが、開けてみたらコーヒー豆だったということもありますよね。

コーヒー豆を挽くミルがない場合、コーヒー豆を売っているお店であれば挽くサービスをしてくれるところもありますが、そのようなお店は少ないです。

心当たりがあるお店があるなら事前に電話で確認してから行ったほうがいいでしょう。

また、コーヒーミルがなくてもすり鉢やフードプロセッサー・ミキサーなど家にあるもので代用できます。

100円均一のダイソーやキャンドゥでもコーヒーミルが販売されています。

今後もコーヒー豆を挽くことがあるなら、コーヒーミルの購入を考えてみましょう。2000円台のお手頃な価格からあります。

ここではコーヒー豆を挽くミルがない場合家にあるもので代用できるのか、持ち込みで挽いてくれる店舗や100円均一にコーヒーミルはあるのか解説していきます。

コーヒー豆を挽いてくれる店はある?

お店によっては自店で販売しているコーヒー豆ならサービスで豆を挽いてくれるお店もあるようです。

しかしコーヒー豆を販売しているお店でも豆を挽くサービスは行っていない場合もあるので、購入する際や電話などであらかじめ確認しておきましょう。

お店にお願いするのは勇気がいるという方は、家族や友人がコーヒーミルを持っていないか聞いてみましょう。

身近な人になら気軽にお願いできるのではないでしょうか。

100円均一なら1000円以下でコーヒーミルを購入できるので、試しに購入して豆を挽く楽しさを感じてみるのもおすすめです。

スポンサーリンク

コーヒー豆を挽くミルがないときは?

コーヒーミル家にない場合、代用できるものをいくつか紹介します。

すり鉢でする

ゴマを小さく潰す要領でコーヒー豆を潰して粉にすることができます。コーヒー豆はゴマより大きいので、最初は押しつぶすように砕いていきましょう。豆が小さくなってきたら、より細かくすり潰し粉状にします。最後にふるいにかけると粒の大きさを揃えることができます。手動で豆を挽くことになるので、それなりの力と時間が必要になります。

フードプロセッサーorミキサーで挽く

フードプロセッサーやミキサーがあれば、すり鉢を使う方法よりも簡単に豆を挽くことができます。挽き加減は調整できないので、見た目をこまめにチェックして調整する必要があります。コーヒー豆は細かく挽き過ぎてしまうと、苦みや雑味が抽出されやすくなってしまうので、細かくし過ぎないように注意しましょう。

スポンサーリンク

100円均一にコーヒーミルはある?

100円均一のダイソーでは「手挽きコーヒーミル」が¥550(税込)で販売されています。

¥550と100円均一の中では少し値段が高いですが、挽臼と外臼は匂い移りの少ないセラミック製で耐久性も高く、粉受けはガラス製なのでしっかりした作りになっています。

本格的な作りのコーヒーミルが¥550で購入できるので、発売されてから人気商品となり品薄になっている店舗も多いようです。

ガラス製なので持ち運ぶ際には注意が必要ですが、キャンプやアウトドアの時にも大活躍してくれます。

一度でコーヒー2杯分の豆を挽くことができ、挽き加減も5段階(極細挽き・細挽き・中細挽き・中挽き・粗挽き)で調整できるようになっています。

挽き加減もダイヤルを合わせるだけで調整できるので使い方も簡単です。

重量は400gと少し重く、大きさも直径17.5㎝×高さ16㎝と片手でなんとか持てる大きさです。

本体が少し大きいという口コミもありますが、蓋と粉受けが透明なので豆を挽いている途中経過や、挽いた粉も外から確認できるのでおすすめです。

同じ100円均一のキャンドゥからも「手回しコーヒーミル」が¥550(税込)販売されています。

>>キャンドゥのコーヒーミルについて

キャンドゥのコーヒーミルは挽臼も外臼もセラミック製で、本体の側面はステンレスで作られています。

スタイリッシュなデザインですが、粉受けがステンレスなので挽いた粉の量や、残りの粉の量が外から確認できないのが少し残念です。

挽き加減は2通りで、細挽きは時計回りにハンドルを回し、粗挽きは反時計回りにハンドルを回すことで調整できます。こちらも一度でコーヒー2杯分の豆を挽くことができます。

挽き加減は2通りですが、重量は260g、直径6㎝×高さ15㎝と軽くてコンパクトなので持ち運びがしやすいです。

部品のほとんどがステンレス製で水に強く、丸洗いできるので簡単にお手入れしたい方におすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

ダイソーとキャンドゥのコーヒーミルを比較してみると、同じ¥550でも少し作りが違うので使用用途に合わせて選ぶことができます。

ダイソーのコーヒーミルは少し重さはありますが、挽いた粉や残量を外から確認できるのは便利ですよね。

キャンドゥのコーヒーミルは中身は確認できませんが、軽くてコンパクトでお手入れが簡単にできるのでおすすめです。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました