広告 生活

赤い羽根ポスターを簡単に書くには?低学年でもうまく書けるコツとは?

小学生の頃に夏休みの課題や自由作品で赤い羽根ポスターを描いたり、コンクールに応募することってよくありましたよね。赤い羽根ポスターって何を表現して描いたらいいのか分からない、簡単に描く方法を知りたいという方も多いと思います。低学年のお子さんでもうまく描けるコツはあるのか知っておくと役立つのではないでしょうか。

結論からいうと、ポスターを描く時には「助けあい」「やさしさ」「勇気」といったキーワードを頭に入れて描いてみましょう。レタリングを使い伝えたいことを明確にしたり、色塗りも濃淡をつけて丁寧にするのがおすすめです。低学年の場合はお子さんの考えを聞き出し、テーマを一緒に考えてあげましょう。そうすることで何を描けばいいのか考えやすくなります。

ここでは、赤い羽根ポスターを簡単に描くにはどうしたらいいのか、低学年でもうまく描けるコツについて解説していきます。

赤い羽根ポスターを簡単に書くコツ

赤い羽募金は人々の支え合いによって始められた募金で、現在は障がい者や高齢者を始め、災害時の義援金などに使用されています。人々で支え合うことを目的とした募金なので、ポスターを書く時に「助けあい」「やさしさ」「勇気」といったキーワードを頭に入れて書いてみるのがよいでしょう。今まで自分が体験した助けあう場面・優しさを感じる場面・勇気を出す場面などを思い出して絵に表してみると良いでしょう。高学年のお子さんの場合は水彩絵の具やレタリングなども授業で使っていると思います。描いた絵をベタ塗りするのではなく、色が薄い部分や濃い部分など塗り分けて丁寧に塗ってみましょう。文字をレタリングすることで伝えたいことが明確になり、ポスターとしても目を引くようになります。何を描くか・どんなテーマで描くか定まらない場合は、今までどんな作品が受賞してきたのか参考にするのもおすすめです。

低学年でもうまく書くコツ

低学年のお子さんは「助けあい」「やさしさ」「勇気」がどんな事なのか、どんな場面を表現したらいいのかまだ分からない子も多いと思います。まずは人を助けることをどんな風に捉えているのか聞いてみましょう。人を助けることってどんなことだと思う?困っている人がいたらどうする?など問いかけてみて、お子さんが想像していることや思っていることを絵に表現できるようにサポートしてみましょう。絵を描くのが苦手な子や、なかなかアイディアが浮かばない子もいると思います。全てを一人でさせるのではなく、親子で一緒にアイディアを出して1つのポスターを完成させてみましょう。そうすることで苦手だから嫌だと感じることを最小限で抑えることができます。何を描くか悩んで決まらない場合はポスターの中に赤い羽根や募金箱を描いたり、色塗りも優しい色味で塗ってみましょう。

赤い羽根ポスターはこれを書けばOK

赤い羽募金は人々の支え合いによって始められた募金でもあるので、「助けあい」「やさしさ」「勇気」といったキーワードを絵にして表してみると良いでしょう。ポスターを見て”募金することで誰かを救うことに繋がる”と分かれば、自分も募金してみようと感じる人も増えると思います。そして、誰かを助けたいという気持ちは優しさでもあります。優しさを形にすることは難しいですが、優しさを感じる場面はたくさんあると思います。自分が助けてもらって嬉しかった、誰かの行動を見て優しいと感じた場面などを思い出して、その1シーンを絵に表してみるのも良いと思います。困っている人に声をかけたり、人助けをするのには勇気も必要です。募金をしたくても1歩が踏み出せなかったり、勇気が出なくて行動に移せないと感じることもあると思います。勇気を出してその1歩を踏み出せば誰かを救うことができます。勇気を出す瞬間などを絵に表してみましょう。

まとめ

赤い羽根ポスターは、助けあい・やさしさ・勇気などをテーマにして描くと良いですが、目に見えない感情を絵で表現するのは難しいですよね。お子さんにどういう風に描いたらいいの?と聞かれる場合もあると思います。絵を描くのが苦手な子にとってはハードルも高く、手が進まない場合もあると思います。コミュニケーションを取りながら一緒に考えてあげましょう。

-生活