防水パンの代わりになるものは?そもそも必要?交換の仕方や外し方についても | 五反田朝日マンションや高級タワーマンション探し中の転勤族ブログ

防水パンの代わりになるものは?そもそも必要?交換の仕方や外し方についても

スポンサーリンク

洗濯機の下に置かれているのが防水パンですよね。

こちらは洗濯機の振動を抑えたり、浸水を抑えるなどの効果があります。

ただ、こちらの防水パン、賃貸では稀に付いてないことがあります。

この場合、防水パンの代わりになるものはあるのでしょうか?

ここでは防水パンの代わりになるものについて解説をしていきます!

防水パンの代わりになるものは?

防水パンですがない場合、代わりになるものはあるのでしょうか?

結論から言えば、いくつかあります。

100円ショップやホームセンターでも簡単に揃えることができるので、防水パンがない場合には用意をしたほうが良いでしょう。

そんな防水パンの代わりになるものとしては以下のものがあります。

・かさ上げ台

まずはオーソドックスな防水パンの代わりになるのがかさ上げ台です。

こちらは洗濯機の足の部分にそれぞれつけるだけです。

これだけで下に空間ができるので振動が抑えられる他、湿気がたまることはありません。

ただ水漏れを防ぐことができないのでその点では注意が必要です。

・防振マット

洗濯機ですが、かさ上げ台と同様に使いやすいのが防振マットです。

こちらはもともと洗濯機の振動を抑えるためのものですが、かさ上げ台と同様に防水パン代わりに使うこともできます。

こちらはホームセンターなどに売っているのですぐに手に入れることができますよ。

・ジョイントマット

もっと簡単に手に入るものとしてはジョイントマットです。

こちらを足の部分につけることによって簡単にかさ上げをすることができます。

このようなジョイントマットは何枚かセットになっているので、セットで買うのも楽ですね。

費用もかかりませんし、水に濡れても痛むことはありません。

・珪藻土バスマット

防水パンとして使った上でしっかり水を吸収して欲しいと思った場合、珪藻土バスマットもお勧めです。

こちらを洗濯機の下に敷くことで、水を吸収してくれるので、水漏れ時にも安心となっています。

しかし珪藻土バスマットの場合、耐重量には注意が必要となっています。

耐重量が低いものですと、珪藻土バスマットが割れてしまうこともありますので注意をしましょう。

・すのこ

防水パンとしてはすのこも利用することができます。

すのこは100円ショップやホームセンターに売っていますので、こちらを使うことによって洗濯機の下に空間を作ることができます。

すのこにジョイントマットや防振マットを組み合わせるのも良いですね。

ただすのこも割れてしまわないように注意をしましょう。

スポンサーリンク

防水パンは必要なの?

防水パンですが、そもそも必要なものかも分かりませんよね。

防水パンですが、やはり必要なのでしょうか?

結論から言えば、あった方が良いでしょう。

防水パンですがその効果としては以下のことがあります。

・水浸しになるのを防ぐ

洗濯機を使っている以上、何かの拍子で水が漏れ出てしまう可能性はあります。

その場合、防水パンがある場合には床への浸水を防ぐことができますが、なければ床が水浸しになってしまいます。

・振動を防ぐ

防水パンですが洗濯機の下に台があることで振動を防ぐ効果があります。

洗濯機は機種や年代にもよりますが、物によっては振動はかなり大きいです。

そして防水パンがないと振動が階下に直に伝わってトラブルの原因になることがあります。

これらを防ぐためにも防水パンは設置されている方が良いでしょう。

実は筆者は昔住んでいたアパートでは防水パンがついていませんでした。

それで洗濯機を使っていたのですが、洗濯機から水漏れがして床が水浸しになってしまったことがありました。

幸い階下に水漏れはしなかったのですが、それでも管理会社に連絡をしたら後日防水パンをつけてもらえることができました。

なので賃貸で防水パンがついていない場合、事が起きる前に管理会社に連絡してみると良いですよ。

スポンサーリンク

防水パンの交換の仕方や外し方について

防水パンですが、交換の仕方や外し方についても気になりますよね。

続いて交換の仕方や外し方について解説をしていきます。

まず防水パンの交換や外し方は正直言って簡単なものではありません。

防水パンをつける場合には排水トラップを設置して、防水パンをビス止めする必要があります。

なのでよほどDIYを趣味にしている場合は別ですが、業者に任せたほうが良いです。

また賃貸の場合、防水パンは大家さんの持ち物となっています。

ですので勝手に変えるとトラブルの元になります。

もし、防水パンをつけたいと思ったら大家さんや管理会社に連絡をして、つけてもらった方が確実です。

持ち家の場合も専門業者に依頼をすれば、交換も対応をしてくれます。

防水パンですが業者に依頼をした場合、費用としては業者にもよりますが大体2万円前後となります。

やはり安心できるプロに任せて、確実に交換をするようにしてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

防水パンですが代用できるものはいくつかあります。

やはり浸水や振動を防ぐためには防水パンは必要ですし、賃貸でない場合には管理会社に連絡をしてつけてもらうようにしましょう。

そして交換は自分では行わず業者に任せたほうが良いです。

ぜひ防水パンをしっかりつけて、快適に洗濯機を使ってくださいね。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました