東横インのキャンセル料はいつから発生?会員ならいくら? | 五反田朝日マンションや高級タワーマンション探し中の転勤族ブログ

東横インのキャンセル料はいつから発生?会員ならいくら?

スポンサーリンク

旅行や出張などでホテルを利用する機会があると思いますが、予約をした後に予定が変更になったり、流行性のウイルスや病気になってしまい泊まれなくなったなど、やむを得ずキャンセルしないといけない場合もあるでしょう。

ほとんどのホテルは宿泊予定日の前日からキャンセル料が発生する場合が多いです。

結論からいうと、宿泊予定日の当日16時までならキャンセル料は発生しません。

16時以降のキャンセルや不泊の場合はキャンセル料が発生するので注意しておきましょう。

東横インの会員であってもキャンセル時の料金は変わりません。

東横インではいつからキャンセル料が発生するのか、会員ならいくらなのか気になる方も多いのではないでしょうか。

また、キャンセル料がかかるかどうか分かっていれば、ホテルを選ぶ際にも役立つでしょう。

ここでは、東横インのキャンセル料はいつから発生するのか、会員ならいくらなのか解説していきます。

東横インのキャンセル料はいつから?

公式サイトから予約をした場合、当日の16時までであればキャンセル料はかかりません

16時を過ぎた場合や、不泊の場合は宿泊代金の100%のキャンセル料が発生します。

プラン予約・他社サイトから予約した場合は、キャンセル料が別途設定されていたり、キャンセル料が異なる場合があるので注意しておきましょう。

また、10室以上の予約は団体予約扱いになります。

団体予約の場合は7日前からキャンセル料が発生するので、あらかじめ確認しておきましょう。

団体予約の場合にかかるキャンセル料

  • 7日前/宿泊料金の10%
  • 2〜6日前/宿泊料金の30%
  • 前日/宿泊料金の50%
  • 当日、不泊/宿泊料金の100%
スポンサーリンク

東横イン会員ならキャンセル料はいくら?

東横インで宿泊予約をした場合、一般でも会員でもキャンセル料は同じです。

公式サイトから予約した場合、当日の16時までのキャンセルは料金はかかりませんが、16時以降や不泊の場合は宿泊代金の100%のキャンセル料が発生します。

予約の時点で少しでもキャンセルする可能性がある場合は、公式サイトからの予約がおすすめです。

東横インの会員になった場合には8つの特典があります。

  • 会員カード提示で宿泊料金5%OFF
  • 会員カードの提示で簡単にチェックインできる
  • 6ヶ月前から宿泊予約ができる
  • 10泊するとシングル無料宿泊券(1枚)プレゼント
  • 15時からチェックインできる
  • 会員カードがルームキーとして使える

宿泊料金の割引はありますが、キャンセル料などは会員でなくても変わらないので、会員特典などもあらかじめチェックしておくのがおすすめです。

スポンサーリンク

東横インのキャンセルの方法

予約の変更やキャンセルは、公式サイトか電話で変更することができます。電話だとキャンセルの断りを入れるのも気を遣うと思いますが、公式サイトではキャンセルの手続きもスムーズに行えます。

空室状況の確認や宿泊予約もでき、公式サイトで予約すると宿泊料金が割引になるなど、お得なキャンペーンも行っています。

少しでも安く宿泊できたり、お得に感じれることがあるのは魅力的ですよね。

スポンサーリンク

まとめ

東横インは当日の16時までならキャンセル料がかからないので、お子さんがおられるご家庭や、急な変更を想定して東横インを利用するのもおすすめです。

キャンセル料のことを把握しておけば万が一やむを得ない事態が発生した場合も、落ち着いて対応できるでしょう。

キャンセル料がかかるホテルは多いですが、当日でも16時まではかからないというのは、利用者にとってメリットになりますよね。

公式サイトを利用すれば宿泊予約もスムーズに行えるのでおすすめです。会員特典も豊富なので、ホテルをよく利用する方は是非チェックしてみてください。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました