広告 生活

東横インは荷物預かりできる?チェックアウト前後やお金はかかるのかについても

東横インは荷物預かりできる?チェックアウト後も可能?お金はかかる?

旅行でホテルを利用した際に、荷物預かりサービスがあると便利ですよね。

結論からいうと、全国展開している東横インでは、チェックイン前は荷物預かりが可能です。

東横インホームページではチェックアウト後の荷物預かりはできないと記載されていますが、フロントで相談すると預かってもらえることもあるようです。

チェックアウト後に預けたい方は事前にフロントスタッフに聞いておくのがおすすめです。

またチェックイン前でも荷物を預かってくれるので、チェックイン前に東横インに寄って荷物を預けてから出かけると身軽でいいですね。

ここでは、東横インは荷物預かりができるのか、チェックアウト後にも預かってもらえるのか、料金はかかるのか解説していきます。

東横インをチェックアウト後も荷物預かりは可能?

東横インのHPのQ&Aにはチェックアウト後の荷物預かりはできないと記載されていますが、フロントスタッフに相談して預かってもらえたという口コミが複数ありました。

ホテルの店舗や宿泊状況によって異なると思いますが、預かってもらえるかどうかをチェッククインの時などにフロントで聞いてみるといいかもしれません。

数日後に再度宿泊する予定で数日間荷物を預かってもらいたい場合も一度相談してみましょう。

ホテルによっては対応してもらえる場合もあるようです。

また、ホテルのフロントから宅急便で自宅に荷物を送ることもできます。

発送先は国内のみですが、荷物が多くなってしまった場合や、大きい荷物がある場合は宅急便を利用するのもおすすめです。

東横インはチェックイン前に荷物預かりできる?

東横インを利用する場合、荷物の預かりもできるようになっています。

チェックイン前は宿泊当日の朝からチェックインの時間まで預けることができます。

また、宿泊前に宅急便で荷物を送って、受け取ってもらうこともできます。

貴重品や常温保存できないものは受け取ってもらえないので注意しておきましょう。

荷物を送る際は伝票に「予約番号」「チェックイン日」「宿泊者名」がホテルスタッフに分かるように書いておきましょう。

さらに宿泊予定日の前日から預かってもらえる東横インもあるようですが、すべての東横インが受け入れているわけではないので、事前に確認したほうがよさそうです。

また、荷物の量や宿泊状況によっては対応してもらえない場合もあるので、気になる方は事前に電話などで確認しておくと安心です。

東横インで荷物預かりはお金がかかる?

宿泊者であれば無料で預けることができます。

東横イン以外のホテルでは、預ける際に1個単位で料金がかかるホテルもあるようです。

東横インもHPなどに記載はされていませんが、預ける際に荷物の大きさや個数、預かり時間に制限がないか確認しておきましょう。

預かり時間もホテルによっては、チェックアウト後〜夕方までと決まっていたりするので、事前に確認してから次の日の予定を立てるのがおすすめです。

東横イン以外の荷物預け場所

東横インに荷物が預けられないといわれた、東横インに荷物を預けると旅行計画が狂うなどといった場合があるかもしれません。

その場合は、以下の場所で荷物を預かってくれることがあります。

  1. 観光案内所
  2. 空港・駅の手荷物預かり所
  3. 運送業者の手荷物預かりサービス
  4. ecbo cloak
  5. デパート

観光案内所

多くの観光地の駅には、隣接して観光案内所が設けられています。

観光案内所では、地元の観光情報の提供のほか、レンタサイクルの貸し出しや手荷物の一時預かりなどのサービスも受けられます。

観光スポットへ向かう前に、観光案内所で情報を収集し、手荷物を預けて旅を快適に楽しんでみてください。

また、公共交通機関が不便な場所では、レンタサイクルを利用して観光することもおすすめです。

ただし、全ての観光案内所が手荷物の一時預かりサービスを提供しているわけではないので、事前に確認してください。

空港・駅の手荷物預かり所

大きな駅には、駅内に手荷物預かり所があることがあります。

これは大きな利点で、コインロッカーの使用制限を気にせずに荷物を預けることができます。

預かり所の収容量には限りがあるかもしれませんが、私は繁忙期でも断られたことはありません。

さらに、一部の場所では預かった荷物を近隣のホテルまで運んでくれるサービスも提供されているので、到着後すぐに観光を楽しむことができます。

運送業者の手荷物預かりサービス

近年、運送業者が手荷物預かりサービスを提供しています。これは、東京オリンピックに向けて海外からの観光客を想定して導入されたサービスです。場所は限られていますが、コインロッカーに収まらない大きな荷物も預けることができます。以下はいくつかのサービスの例です:

ecbo cloak

"ecbo cloak"は、手荷物一時預かりサービスを提供する新しいアプローチです。既存の店舗や施設の空きスペースを活用し、荷物を預ける場所として提供しています。

TSUTAYA、美容室、カフェ、郵便局など、さまざまな場所が利用可能です。

サービスはまだ限られた都市で提供されていますが、今後拡大する可能性があるでしょう。予約や支払いはスマートフォンからも可能で、料金もコインロッカーと同等です。

>>ecbo cloak

デパート

観光中にショッピングを楽しみたい場合、デパートのサービスカウンターで荷物を預けることができることがあります。

通常、これはデパート内での買い物中に利用できるサービスですが、お土産をゆっくり選びたい場合などに非常に便利です。

まとめ

旅行をすると予定より早くホテルに着いてしまった・荷物を置いて周辺を散策したいという時があるので、チェックイン前でも荷物が預けれると助かりますよね。

チェックアウトしてからもバスや電車の時間まで空きがあって、急遽荷物を預けたい場合もあると思います。

ホテルによって預かる際の時間や、荷物の大きさ・個数が決まっている場合もあるので、事前に確認しておくと安心です。

時間などが決まっている場合はきちんと守るようにしましょう。

荷物を預けた後は時間も有効に使えて、身軽な状態で周辺を散策ができると旅行もより楽しむことができます。

-生活
-