牛乳を常温で一晩放置は大丈夫?半日や未開封だと?夏場や冬場、コップに常温放置は何時間? | 五反田朝日マンションや高級タワーマンション探し中の転勤族ブログ

牛乳を常温で一晩放置は大丈夫?半日や未開封だと?夏場や冬場、コップに常温放置は何時間?

スポンサーリンク

牛乳ってスーパーでは冷蔵コーナーにおいてあるので、常温で置いておくのはまずいものだというイメージがあると思います。

でもうっかり冷蔵庫に入れ忘れてそのまま常温放置してしまった!なんてことありませんか?

またコップに注いだことを忘れてうっかり一晩放置…。

冬場の寒い時期なら、2~3時間は常温で保存しても問題ない気がしますね。

でも牛乳って要冷蔵の飲料だから、本当に何時間なら常温保存できるか知っておきたいもの!

そこで今回は、牛乳は常温でなら何時間保存しても良いのか、常温保存しても良い時間を詳しくご紹介します。

うっかり牛乳を常温で保存してしまったときにはぜひ参考にしてくださいね!

牛乳を常温で一晩放置してしまった

牛乳を一晩、常温で保存してしまったのでしたら、やっぱりまずは牛乳が傷んでいないか、見た目とニオイと味で慎重に確かめることですね。

そして牛乳の状態に異変が全くなく、味もおかしくないのでしたら、飲んでも大丈夫な場合があります。

でも念のため常温で放置してしまった牛乳は、そのままより鍋で温めて、ホットミルクにしてから飲むと良いですよ!

特に開封済みの牛乳を一晩、常温で保存した際は、牛乳に雑菌が侵入している可能性も考えられます。

安心して食中毒の危険もなく、牛乳を飲むためにも、加熱して飲むと良いでしょう。

でも一晩常温で保存してしまった牛乳を加熱した際に、加熱し過ぎていないのに分離したり、異臭がするようならば絶対に飲まないこと!

加熱した時に分離や異臭がする牛乳は、傷んでいることになるので、くれぐれも飲まずに捨てておきましょうね。

あなたもぜひ、牛乳は常温保存せずに、きちんと冷蔵庫に入れて保存していきましょう!

スポンサーリンク

牛乳の常温放置は何時間?

牛乳は冬の気温が低い室内であっても、常温保存するのはNGですよ!

牛乳は必ず10℃以下の温度環境で保存しなければいけないものなんです。

そのため、たとえ気温が低くなる冬場でも、常温保存するのは危険といえるでしょう。

また、牛乳を1~2時間、常温で保存してしまった場合は、牛乳の状態をよーく見て、飲むかどうか判断した方が良いですね。

特に開封済みの牛乳ならば、余計に常温で置いておいてしまうと、傷んでしまう可能性が高くなります。

開封後でも未開封でも、何時間までなら常温で保存してOK!という明確な決まりがありません。

そのため、常温保存していた牛乳は、飲む前に傷んだ状態になっていないか、しっかりとチェックすべきでしょう。

では牛乳って、常温保存してしまい傷むと、どんな状態になるのかをご説明しますね。

白いかたまりが出来ている

特に開封後で常温放置した牛乳に関しては、傷むと成分が分離してしまい、白いかたまりができてしまいます。

要するに牛乳がヨーグルトのような状態になることをイメージすると分かりやすいですね。

分離している牛乳はもう完全に飲むことができないので、残念ですが処分してしまいましょう。

酸っぱいニオイがする

飲むヨーグルトでもないのに、牛乳から酸っぱいニオイがする場合も、絶対に飲んではいけません。

酸っぱいニオイがするということは、牛乳が常温保存によって傷み、腐敗してしまった証拠…。

飲むと非常に危険なので、ニオイが少しでもおかしいと感じたら、飲まずに捨てるべきですよ。

少し飲んだ時に酸味や苦味を感じる

見た目やニオイに異変は別段ないけれど、少し牛乳を飲んだ時に、酸味や苦味を感じる場合も、傷んでいるためそれ以上飲まないこと。

出来れば、口に含んだ時に変な味を感じたら、すぐに吐き出してしまう方が安全ですね。

飲み込んでしまうと食中毒にかかり、下痢や腹痛やおう吐などの症状が出ることもあるので、十分に注意しましょう。

以上が傷んでしまった牛乳の判断方法なので、これらの状態が確認できる牛乳は、ほんの数時間、常温で保存しただけでも、全部処分すべきですよ!

私も以前、傷んでしまった牛乳を飲んだことがあるんですが、本当に酸っぱい味がして、かなりまずかったです…。

あなたもまずい牛乳を飲まないためにも、ぜひ牛乳は開封済みでも未開封でも、常温で保存はしないよう気をつけましょうね。

スポンサーリンク

牛乳を夏場に常温放置は何時間まで?

牛乳を夏場に常温で保存してしまったのでしたら、やっぱりその牛乳は保存時間が何時間であったとしても、極力は飲まない方が無難です。

もちろん、先ほど紹介したように、傷んだ状態に牛乳になっていないようなら、飲めないこともないですが、やっぱり美味しく飲むことは出来ません。

確かに常温の牛乳って、あんまり美味しくないですよね。

夏場は特に牛乳など要冷蔵の生鮮飲料は傷みやすいので、1時間だけ放置した場合でも、ちゃんと牛乳の状態を確認してから、飲むかどうか判断しましょう。

10分とか15分くらいなら、夏場に牛乳を常温で放置したとしても、問題なく飲めるケースも多いですが、やっぱり牛乳を美味しく、そして安全に飲むために冷蔵保存すべき。

牛乳は常温保存することって、基本的にNGだということをしっかりと頭に入れておきましょう。

それでも常温保存してしまった牛乳を飲みたい場合は、傷んでいる状態でないか、見た目やニオイや味でチェックをすべきですね。

あくまでも常温保存した牛乳を飲むのは、自己責任でもあるので、食中毒にかかって後悔しないためにも、牛乳の鮮度を確かめると安心ですよ!

スポンサーリンク

まとめ

牛乳は基本的には何時間であっても、常温保存するのは危険!

冬場でも冷蔵保存が必須だし、特に夏場や開封後の牛乳は、より傷みやすくなるので、常温保存はしないでおきましょう。

でも牛乳の成分が分離していたり、異臭がしたり、酸味や苦味を感じる、などの状態がなければ、飲める場合もありますが、あくまでも自己責任で。

一晩常温保存してしまった牛乳も傷んでいる可能性が高いので、状態をしっかりチェックしたうえで、加熱して飲むか処分するか決めていきましょう!

生活
五反田朝日マンションや高級タワーマンション探し中の転勤族ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました