ベランダ菜園の日照不足の対策は?風対策、カラス対策についても | 五反田朝日マンションや高級タワーマンション探し中の転勤族ブログ

ベランダ菜園の日照不足の対策は?風対策、カラス対策についても

スポンサーリンク

家庭菜園っていいですよね。

野菜や花を育てることは心身ともにリラックスできるので、やりたいと思ってる人も多いでしょう。

そして、そんな家庭菜園でもマンションに住んでいる人の場合はベランダ菜園になります。

しかし、このベランダ菜園ですが、立地によっては日照不足や風、カラスなどの問題があります。

まず日照不足に対しては、

  • 高さを上げる
  • 日陰でも育つ野菜を選ぶ

といった対策をしてみましょう。

は一体どうすればいいのでしょうか?

ここではそんなベランダ菜園について解説をしていきます!

ベランダ菜園で日照不足対策

ベランダ菜園ですが日照不足になってしまうこともあり得ます。

その場合の対策についても紹介していきます。

高さをあげる

ベランダ菜園ですが床に置いておくと柵などで日陰になってしまうことが多いです。

その場合は台などを使ってベランダ菜園のプランターの高さをあげるようにしましょう。

そうすることで床に置いておくよりも日光にあたりやすくなります。

またプランターを並べた際には見栄えもよくなりますよ。

日陰でも育ちやすいものを選ぶ

実は植物の全てが日光が大好きなわけではありません。

特に夏の場合、暑すぎる直射日光は植物にとって負担が大きいこともあります。

なので日光が少なくても育ちやすいものを選ぶのもおすすめです。

日光が少なくても育てやすいベランダ菜園におすすめの植物としては、パンジーやハーブ、いちごやほうれん草などが挙げれます。

ぜひ自分でも育てやすそうな植物を見つけてみてくださいね。

スポンサーリンク

ベランダ菜園の台風対策や風対策

ベランダ菜園の場合、基本的に使うのはプランターになります。

近年はプランターでも育てられる野菜は増えています。

なのでうまく育てることでベランダ菜園でも十分に家庭菜園を楽しむことができます。

ただマンションの高層階などに住んでいる場合、気をつけるのが台風や強い風ですよね。

そんなベランダ菜園で台風や強い風の場合、以下のような対策をすることが大切です。

家の中に避難させる

まず基本的な対策としては家の中に避難をさせることです。

ベランダ菜園でプランターでしたら、地植えとは違うので簡単に家の中に避難をさせることができます。

強い台風や風が吹いている状態でベランダ菜園をそのままにしておくと、家庭菜園のものが吹き飛んで被害が出ることもあります。

家の中にベランダ菜園を避難させる場合には、新聞を敷いて家の中が汚れないようにしましょう。

プランターだけでなく、ジョウロやホースなど、ベランダにあるものは室内に移動させるようにしてくださいね。

排水口を確認

マンションのベランダには排水口がついています。

このベランダの排水口ですがベランダ菜園の土が詰まっていたり、プランターを置いて塞いでいると大変です。

水が流れなくなってしまい、ベランダに水が溜まってしまう可能性があるのでしっかり確認をしましょう。

そしてもし土などが詰まっているようでしたら、事前にしっかり綺麗にしておきましょう。

このようにベランダ菜園で台風や強い風が出る場合には対策が必要になります。

特に高層階の場合にはベランダ菜園の何かが落下すると非常に危険です。

ぜひしっかりと危機意識を持った上で、対策をするようにしてくださいね。

スポンサーリンク

ベランダ菜園でのカラス対策

ベランダ菜園をしていて気になるのがカラスへの対策ですよね。

ベランダ菜園の場合、いくら対策をしていても鳥にはお構いなしです。

どこからともなくカラスは飛んでくると、大切に育てた作物を食べて行ってしまいます。

そんなベランダ菜園でのカラス対策ですが以下のことが挙げられます。

カラス避けネットを張る

まずお手軽なのがカラス避けネットを張ることです。

ベランダをネットで囲ってしまえばカラスはどうやっても入ることはできません。

またネット以外にもテグスと呼ばれる釣り糸のような糸で、ベランダ菜園をガードすることもできます。

もちろんベランダ全体ではなく、植物だけでネットで囲むのもOKです。

ただその場合は隙間から突かれてベランダ菜園が荒らされてしまう可能性があります。

もしベランダ全体をネットで囲む際には、転落には十分に気をつけた上で行うようにしてくださいね。

鳥型の凧を使う

ベランダ菜園ですが、有効なのは鳥型の凧です。

カラスの天敵の鷹の形をした凧などが売っています。

それをベランダに置いておくとカラスが警戒をして寄ってこなくなります。

畑にカカシが置いてあるのと同じですね。

ただこちらは慣れてきてしまうと普通に近づいてくるようになってしまいます。

超音波装置を使う

ベランダ菜園や家庭菜園では、動物が近づくと動物にだけ聞こえる特殊な音波を発生させる装置があります。

こちらを置いておくと自分は意識せずにカラス対策をすることができます。

もちろんこちらはベランダ菜園以外にも普通の家庭菜園で、ネコの対策をすることが可能です。

ぜひ活用してみてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

ベランダ菜園はマンションに住んでいても気軽にすることができます。

その中でも大切なのが台風や強い風の時の対策です。

その時にはしっかり家の中に避難をさせて、被害が出ないようにしましょう。

またそれ以外にもベランダ菜園をする時にはカラス対策や、日照不足対策をするようにしましょう。

そしてしっかりとベランダ菜園で植物を育てて、充実した毎日を送るようにしてくださいね。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました