味噌そのまま生で食べるとどんな効果が?加熱するべき?食べ過ぎると体に悪い? | 五反田朝日マンションや高級タワーマンション探し中の転勤族ブログ

味噌そのまま生で食べるとどんな効果が?加熱するべき?食べ過ぎると体に悪い?

スポンサーリンク

味噌は日本の代表的な食材ですよね。

味噌汁はもちろんのこと、味付けにも使うことができよく使う食材です。

そんな味噌ですが、「そのまま食べても大丈夫なの?」と心配になることもあります。

結論からいうと味噌をそのまま食べても大丈夫です!

味噌は発酵食品で見た目は生のようですが、塩分が入っているおかげで虫がつくこともなく腐りにくい食品です。

ただし、塩分が高いので食べ過ぎはよくありません。

ここではそんな味噌について解説をしていきます!

味噌はそのまま食べてもOK!その効果は?

味噌は大豆を発酵させた食品です。

古くから日本に伝わる代表的な料理であり、味噌汁はまさに日本人の心ですよね。

そんな味噌はそのまま食べても大丈夫なのでしょうか?

これはもちろん大丈夫です。

そして味噌にはたくさんの栄養素がつまっているので、健康効果も高まります

味噌をそのまま食べる際には野菜などを合わせて食べると美味しく食べることができます。

味噌とマヨネーズを合わせたディップソースにすると、簡単おつまみになっておすすめですよ。

ただそんな味噌ですが食べ過ぎには注意です。

味噌は発酵食品ではありますが、保存性を高めるために塩分が多くなっています。

なので味噌の食べ過ぎると塩分の摂り過ぎに繋がってしまう可能性があります。

もともと日本人の食事は塩分が多いという傾向があります。

味噌汁一杯ぐらいでは問題ありませんが、他の食材や具材などの組み合わせで塩分の摂り過ぎになるのは注意をしましょう。

味噌には血圧を下げるカリウムも含まれており、効果的に食べれば高血圧予防も期待できます。

ぜひ味噌を健康的に食べるようにしてくださいね。

スポンサーリンク

味噌の食べ過ぎは下痢になるって本当?

味噌の食べ過ぎは塩分の摂りすぎに繋がってしまいます。

また味噌の食べ過ぎですが、下痢になるというのは本当なのでしょうか?

こちらは本当です。

味噌を食べることによって上記の通り、食物繊維や善玉菌で腸内の環境を整えることが可能です。

しかしそれは適量を食べた場合で、味噌の食べ過ぎは腸内環境を悪化させてしまいます。

特に食物繊維の摂り過ぎは必要以上に腸を刺激するので、お腹を壊してしまって下痢になる可能性が高いです。

味噌ですが、味噌汁にして飲むことが多いと思います。

味噌汁として飲む場合には1日あたり1杯半ほどを目安にするようにしましょう。

そうすることで下痢になることなく味噌の効果を感じることができるはずですよ。

スポンサーリンク

味噌に含まれる栄養

ではまず味噌に含まれている栄養について解説をしていきます。

味噌には以下のような栄養が含まれています。

タンパク質

味噌の原料は大豆です。

そして大豆にはタンパク質が豊富に含まれており、味噌にももちろん含まれています。

タンパク質は三大栄養素の一つに数えられており、筋肉組織を作るためには欠かせない栄養素となっています。

その他にもタンパク質を豊富に取ることでストレスを和らげるなどの効果もあるので、毎日欠かさず摂取をするようにしましょう。

カリウム

カリウムは体内の浸透圧を調節する効果があります。

その結果、余分な水分を排出することができるのでむくみを防止することができます。

その他にも高血圧を予防する効果があるので、血圧が気になる方にも効果があります。

食物繊維

食物繊維は腸内環境を整えるのに有名な栄養素ですね。

腸を刺激することによって腸を活発に動かし、溜まった便を出す効果があります。

味噌の場合は加えて発酵食品ですので、食べることによって、腸内の善玉菌を増やすこともできます。

善玉菌と食物繊維の働きによって、腸を元気に動かして便秘改善が期待できます。

ビタミンE

味噌にはビタミンも多く含まれており、その中でも多いのがビタミンEです。

ビタミンEは細胞の老化を防ぐ効果があります。

細胞の抵抗力をあげることによって、肌のしわやたるみ、髪のパサツキを防ぐ、アンチエイジング効果を期待することができます。

このビタミンEは油と摂取することによってより効果を発揮します。

なので味噌炒めなどはビタミンEを効率よく摂取するにはおすすめです。

ビタミンB2

ビタミンB2は粘膜を免疫力を高める効果があります。

これによって風邪などの病気を引きにくくする効果が期待できます。

大豆イソフラボン

味噌を始め、大豆食品には大豆イソフラボンが豊富に含まれています。

こちらは免疫力を高める他にもホルモンバランスを整える効果があります。

高齢になると更年期障害で体の不調を感じることが多くなってきます。

それらを抑えるためにも大豆イソフラボンは非常に効果的となっています。

このように味噌はビタミンミネラルなどの栄養素が豊富に含まれており、健康効果が高いです。

スポンサーリンク

まとめ

味噌は体に悪いことはありません。

味噌には豊富な栄養素やビタミン、ミネラルが含まれており、日本を代表する健康食品です。

ただ保存性を高めるために塩分が多く使われているので、食べ過ぎには注意をしましょう。

もし塩分が気になる場合には、減塩タイプの味噌を使うのもおすすめです。

また味噌の食べ過ぎは腸を必要以上に刺激をして下痢になる可能性もあります。

味噌の食べ過ぎには注意をした上で、ぜひ健康的な毎日を送るようにしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました