石油ファンヒーターの寿命の症状は?故障原因や買い替えのタイミングについても | 五反田朝日マンションや高級タワーマンション探し中の転勤族ブログ

石油ファンヒーターの寿命の症状は?故障原因や買い替えのタイミングについても

スポンサーリンク

冬に欠かせない暖房器具、石油ファンヒーター。

ストーブよりも安全ですぐに部屋を暖かくすることができるので、愛用している人も多いでしょう。

石油ファンヒーターの寿命はだいたい6年ほどと言われています。

しかしこれはあくまで目安で、丁寧に使えば10年以上使えることもあるでしょう。

ただ、下記の症状が出てきたら寿命かもしれません。

  • 異音
  • 異臭
  • 石油ファンヒーターが急に止まる

その際は、早めに新しい石油ファンヒーターの購入を検討しましょう。

ここでは石油ファンヒーターの寿命と故障原因について解説をしていきます!

石油ファンヒーターの寿命は?

石油ファンヒーター内で点火をしたら、風で送り出してくれるので、すぐに部屋の中を温めることができます。

実際、筆者の家庭でも石油ファンヒーターは使っています。

そんな石油ファンヒーターですが寿命について気になりますよね。

石油ファンヒーターの寿命は一体どのくらいなのでしょうか?

結論から言えば、大体6年ぐらいが石油ファンヒーターの寿命になります。

ただこちらはあくまでも目安となっています。

使い方や環境によっては10年以上石油ファンヒーターは使うことができるので、大切に使うようにしましょう。

スポンサーリンク

石油ファンヒーターの寿命の症状は?

石油ファンヒーターですが寿命を迎えた場合、どのような症状が発生するのでしょうか?

寿命を迎えたまま使い続けるのは危険ですし、症状については知っておきたいですよね。

石油ファンヒーターですが寿命を迎えた場合、以下のようが症状が見られることが多いです。

異音

石油ファンヒーターですがパーツに寿命を迎えると、異音がすることがあります。

特にファン系統はモーターなどもあり、これらが壊れてしまうと異音がすることがあります。

そのまま使っていても危険ですので、もし石油ファンヒーターから異音がするようでしたら使用を中止しましょう。

異臭

異音と同様に気をつけたいのが異臭です。

石油ファンヒーターは内部で灯油を燃焼させて温風を発生させています。

なので灯油の匂いは当然するのですが、その匂いがいつもより強かったり、匂いが残り続ける場合には注意しましょう。

もしかしたら灯油が漏れている可能性があります。

そして、灯油が漏れていると事故につながる可能性もあります。

石油ファンヒーターが急に止まる

石油ファンヒーターが急に止まる場合も寿命の可能性があります。

石油ファンヒーターですが万が一の際にすぐに機械が止まるようにセンサーがついています。

このセンサーが劣化した場合、石油ファンヒーターを使っていても突然止まるようになってしまうことがあります。

このように石油ファンヒーターですが寿命が来た場合の症状はいくつか考えられます。

これらの症状が見られる中で石油ファンヒーターを使っていると事故につながる可能性があります。

なのでその場合には早めに修理や新しいものに買い替えるようにしましょう。

スポンサーリンク

石油ファンヒーター買い替えのタイミングはいつ?

石油ファンヒーターですが買い替えのタイミングは、異変があったらできるだけ早く買い替えるようにしましょう。

古い石油ファンヒーターの場合、修理をしようとしてもパーツがなくて対応できないことも多いです。

またその場合は新しく買った方が安いとことも。

不具合があったまま使うのは上記のように事故につながる可能性があるので、できるだけ早く石油ファンヒーターを買い替えるようにしましょう。

もし壊れていないけど新しく石油ファンヒーターを買いたい場合、おすすめのタイミングとしては、9月か3月あたりになります。

9月は夏も終わりこれから冬を迎えるということで各メーカー新作の石油ファンヒーターが売り出されます。

そして型落ち品は一気に安くなる時期です。

正直型落ちとはいっても、つい最近までは新作の石油ファンヒーターとして売られていたものですので、使う分には全く問題ないです。

3月の場合には今度は暖房シーズンが終わって売れ残りのセールが開催されます。

また3月は家電量販店の決算シーズンでもありますので、在庫処分と共に決算セールも行われます。

この時も石油ファンヒーターが安くなることが多いので狙い目ですよ。

石油ファンヒーターを慌てて買う必要がないように、しっかりと準備をいておきましょう。

スポンサーリンク

石油ファンヒーター故障の原因は何?

石油ファンヒーターですが故障の原因としてはどのようなことが挙げられるのでしょうか?

続いて石油ファンヒーターの故障の原因について紹介していきます。

経年劣化

石油ファンヒーターは使っているとパーツが経年劣化していきます。

それにより故障が発生しやすくなってしまいます。

フィルターに埃が詰まる

石油ファンヒーターの裏にはフィルターがあり、そこに埃が詰まってしまいます。

そうなると排気がうまく行かなくなり故障の原因になります。

シリコンの付着

ヘアスプレーなどは成分にシリコンが含まれています。

このシリコンが石油ファンヒーター内部に入り込むと、燃焼がうまくいかず故障の原因になります。

このように故障の原因としてはいくつかあるので注意をするようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

石油ファンヒーターですが寿命としては6年ほどになります。

故障の場合の症状はいくつかありますが、そのまま使い続けるのは危険ですので、故障をしたら早めに買い替えるようにしましょう。

また故障の原因としても経年劣化やフィルターに埃、シリコンの付着などが考えられます。

石油ファンヒーターを大切に使って、暖かく冬を越せるようにしてくださいね。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました