iPhoneパスワードを聞かれない、追加できない、保存出てこないときの対処法は?safariや強力なパスワードが保存されないときは? | 五反田朝日マンションや高級タワーマンション探し中の転勤族ブログ

iPhoneパスワードを聞かれない、追加できない、保存出てこないときの対処法は?safariや強力なパスワードが保存されないときは?

スポンサーリンク

いつも新規パスワードを作成したときやパスワードを更新した時、

「パスワードを保存しますか?」

と聞かれます。

しかし、そのパスワード保存が聞かれない。

これってけっこう困りますよね。

すべてのアプリのID・パスワードなんて覚えていないし、メモもしていないことも多いでしょう。

このようにiPhoneもしくはsafariブラウザでパスワードが聞かれない原因としては、以下のようなことがあります。

  • 自動保存設定がされていない
  • プライベートブラウズになっている

本記事ではiPhoneのパスワードが聞かれない、保存できないときの対処法と、あとからパスワード追加保存する方法をご紹介します。

iPhoneでパスワード保存が追加されない、聞かれないときは?

iPhoneのsafariで「パスワードを保存しますか?」と聞かれなくなった場合は、

  • 「パスワードの自動保存」がオンになっているか確認

してみましょう。

手順をいかに解説します。

iOS 14 以降

  1. 設定を開く
  2. パスワードを開く
  3. パスワードを自動入力がオンになっているか確認

「パスワードを自動入力」がオンになっていることを確かめてみましょう。

iOS 12 または 13

「設定」>「パスワードとアカウント」>「Web サイトと App のパスワード」の順に選択します。

「パスワードを自動入力」がオンになっていることを確かめてみましょう。

iOS 10 または 11

「設定」>「Safari」>「自動入力」の順に選択します。

「パスワードを自動入力」がオンになっていることを確かめてみましょう。

またアカウントとパスワードの情報自体が記録されていない場合は、手動でそれぞれを追加することになります。

「設定」>「パスワード」の画面で右上の「+」をおして、該当サイトのURL、アカウントやパスワードなどの情報を入力しましょう。

スポンサーリンク

iPhoneのパスワードが追加保存できない原因

iPhoneでパスワードの追加保存ができない原因は主に以下の2つがあります。

  • 自動保存設定がされていない
  • プライベートブラウズになっている

自動保存設定がされていない

パスワードを自動保存もしくは自動入力されるようにするにはそのような設定がされていないといけません。

まずは設定を確認しましょう。(※iOS12以降の場合)

  1. 設定アプリを開く
  2. パスワードをタップ(※iOS12~iOS13は「パスワードとアカウント」をタップ)
  3. 「Touch ID」または「Face ID」またはパスコードでロックを解除
  4. パスワードを自動入力をタップ
  5. パスワードを自動入力をON

これでパスワードの自動保存と自動入力設定がされます。

プライベートブラウズを使用している

プライベートブラウズのほうを使っている場合、検索履歴が残らず、パスワードの自動保存もされません。今使っているブラウザがプライベートブラウズになっていないか確認しましょう。

確認方法は以下です。(※iOSバージョンによって表示が違います)

  1. Safariを開き、右下のタブアイコンをタップ。
  2. (数)個のタブをタップし「タブグループ」リストを表示
  3. プライベートにチェックが入っていればプライベートブラウズを使用しています。

通常のブラウズを使用する場合は、(数)個のタブのほうにチェックを入れてください。

スポンサーリンク

iPhoneのパスワードを手動で保存する方法

iPhoneパスワードを自動保存ではなく手動で追加保存する方法は以下となります。

  1. 設定アプリをタップ
  2. パスワードをタップ
  3. 「Touch ID」または「Face ID」またはパスコードでロックを解除
  4. 右上の「+」をタップ
  5. 「Webサイト」「ユーザ名」「パスワード」それぞれの空欄を埋める
  6. 完了をタップ

こうすることで追加でパスワードを保存することができます。

スポンサーリンク

iPhoneパスワード自動生成できない

iPhoneの機能で自動的に強力なパスワードを自動生成してくれるものがあります。

毎回パスワードを考えるのは面倒ですし、ほかアプリと同じパスワードを使いまわすのは危険ですので、勝手に強力なパスワードを作ってくれるのは助かりますよね。

しかし、この機能が働いていない、自動生成ができないという場合は、iCloudキーチェーンをオンにする必要があります。

この設定がされているかは下記を確認してみてください。

  1. 設定アプリをタップ
  2. パスワードをタップ
  3. 「Touch ID」または「Face ID」またはパスコードでロックを解除
  4. 「パスワードを自動入力」をタップ
  5. 「パスワードを自動入力」がONになっていると、下に「iCloudキーチェーン」があるのでそこにチェックが入っている

iCloudキーチェーンは、ID・パスワードを保存してくれる機能で、クレジットカード情報も保存できます。

またほかの端末と同期もできるので、機種変更したときも簡単にパスワード共有ができます。

パスワードは漏れたりしないか大丈夫なの?と不安に思うかもしれませんが、データは暗号化され、設定したパスコードを入力しないとAppleの人も見ることができないそうです。

スポンサーリンク

まとめ

iPhoneのパスワード自動保存、自動入力はとても便利な機能ですよね。毎回パスワードを手動入力はかなりめんどうです。

パスワードはiCloudキーチェーンへの保存がいちばん強固かと思いますので、保存先はそちらにしたほうがいいでしょう。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました