スクリーンタイムパスコード変更できない!忘れて失敗を繰り返すとどうなる?解除の裏ワザは? | 五反田朝日マンションや高級タワーマンション探し中の転勤族ブログ

スクリーンタイムパスコード変更できない!忘れて失敗を繰り返すとどうなる?解除の裏ワザは?

生活
スポンサーリンク

「スクリーンタイムのパスコードを変更したのに、新しいパスコードで動作しない!」

「スクリーンタイムのパスコードを忘れてしまった!」という場合、原因はiPhoneの不具合であることが多いです。

そして「合っているはずなのに!」と何度もパスコードの入力をしてしまうのは危険です。

パスコードを何度も失敗してしまうと、パスコードが使えなくなり、初期化をしなければいけない事態になってしまいます。

そうならないためにもパスコードが変更できない原因とパスコード入力を失敗するとどうなるのか?を知っておきましょう。

スクリーンタイムのパスコードが変更できない

スクリーンタイムのパスコードの変更をしたのに、古いパスコードでしか反応しない、ということがあったりします。

たまにiPhoneのバグでそのような状態になることがあるようです。

その場合は、再度パスコードの変更をし直してみるか、iPhoneを再起動し、再度パスコードの変更を行ってみましょう。

スポンサーリンク

スクリーンタイムのパスコードを失敗したらどうなる?

スクリーンタイムのパスコードを失敗すると、何度もパスコードを求められます。

5回目まではすぐにパスコードを入力できますが、6回目の失敗からパスコード入力に時間制限がかかります。

7回目からは5分、8回目は15分、9回目は60分となり、11回目からは初期化しないといけなくなります。

回数はリセットされませんので、失敗するたびにカウントされます。

初期化する際には、通常のパスコードに加えて機能制限パスコードも必要です。機能制限パスコードも忘れてしまったという場合は、工場出荷時点の初期化状態に戻すことになります。

それってかなり面倒ですよね。

しかしツールを使うと、初期化せずとも簡単にパスコードを解除することができます。

スポンサーリンク

スクリーンタイムのパスコード解除の裏ワザ

スクリーンタイムのパスコードを忘れた、失敗を繰り返してしまった場合、iPhoneを初期化する必要が出てきます。

しかし、初期化するとiPhoneに入っているデータが削除されたり、設定していたものもリセットされてしまうので、バックアップも必要となってきます。

これはかなり面倒だ…と思う方のほうが多いでしょう。

しかし、初期化せずともパスコードを解除できるツールがあります。

それが、「 Dr.Fone – iPhone画面ロック解除」です。

iPhoneをパソコンにつなぎ、「 Dr.Fone – iPhone画面ロック解除」をそのパソコンにダウンロードします。

あとは手順に沿って操作を行えば、iPhoneを初期化せずともパスコードは簡単に解除することができます。

これなら、バックアップをとったり、iTunesを開いて初期化をしたり、という面倒な操作は一切いりません。

とっても楽ちんですね。

スポンサーリンク

まとめ

iPhoneはたまに不具合が発生することがあるので、そういうときはいったんiPhoneの電源をオフにして再起動してから操作を改めて行ってみるといいでしょう。

それでもおかしい場合や、パスコード入力を限界回数まで失敗してしまったという場合は、解除ツールを使ってパスコードを解除するのが簡単です。

もしiPhoneを初期化しないといけなくなった場合、使ってみてくださいね。

生活
五反田朝日マンションや高級タワーマンション探し中の転勤族ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました