メディキュットは寝る時ダメ?寝る時用ならOK?口コミやサイズはどれがいい? | 五反田朝日マンションや高級タワーマンション探し中の転勤族ブログ

メディキュットは寝る時ダメ?寝る時用ならOK?口コミやサイズはどれがいい?

スポンサーリンク

メディキュットは足のむくみ対策ができるので、使用している方も多いのではないでしょうか。様々なシリーズがありシーンによって使い分ける事ができるので、立ち仕事をしている方や、足に疲れを感じやすい方にオススメです。寝る時も使用できるのか、口コミやサイス感についても気になりますよね。

結論からいうと、メディキュットは日中用と寝る時用のタイプがあるので、シーンによって正しく使い分ければ寝る時も使用できます。ただし、日中用のタイプは着圧が強くなっているので、寝る時には使用できません。口コミを見ると着圧の感じ方には個人差があるようですが、サイズが合っていなと着圧の効果も感じにくくなるようです。 まずは「足首」ふくらはぎ」「大腿」の3つの部位を測って、サイズの合うメディキュットを選ぶようにしましょう。

ここでは、メディキュットは寝る時も使用できるのか、口コミやサイズはどれがいいのか解説していきます。

メディキュットは寝る時ダメ?

メディキュットは様々なタイプがありますが、寝る時にダメなタイプの商品もあります。全ての商品が寝る時にダメなわけではないので、使用するシーンに合わせて使い分けるのがオススメです。日中用として記載があるものや「寝ながら」の記載がないものは、寝る時にはダメなタイプになります。日中用のタイプは強い着圧で設計されている為、血流が悪くなり身体に負担がかかる場合があります。「寝ながら」の記載がないものは寝る時は使用しないようにしましょう。寝る時にダメなタイプは、注意事項欄にも必ず記載されているので確認してから購入しましょう。

スポンサーリンク

寝る時用ならOK?

寝る時に使用したい場合は、寝る時に履けるメディキュットを選ぶようにしましょう。

着用時間が定められているものは避けて、「寝ながら」の記載があるものを選びましょう。着用時間が定められているものは、着圧が一般的なものより強くなっているので寝る時の着用は避けましょう。「寝ながら」の記載があるものは寝る時に使用できます。着圧が強い方が効果的だと思うかもしれませんが、シーンに合う着圧のものを正しく使用するのが一番効果的です。

スポンサーリンク

口コミはどう?

口コミを見ると「寝ながら」使用できるメディキュットについて、着圧が緩すぎて効果が感じにくいという声や、逆に着圧が強すぎるという声もありました。着圧の感じ方は個人差があると思うので、人によっては着圧が緩いと感じてしまうのかもしれません。着圧が強すぎて寝ている間にうっ血したり、血流が悪くなってはいけないので程よい締め付け感になっているのだと思います。購入したばかりの商品だと着圧が強いと感じる場合もあるようです。また、サイズ感が合っていないと着圧が緩く感じたり、強く感じる場合もあるようです。購入前にはサイズを測って、自分の脚に合うサイズを着用しましょう。

スポンサーリンク

サイズはどれがいい?

メディキュットは商品によってサイズ表記も異なります。どのサイズを選んでいいか分からない場合は、「足首」ふくらはぎ」「大腿」の3つの部位を測ってから、商品を選んでみましょう。メディキュット/ウエストタイプ(スパッツ・レギンス・タイツ・ストッキング)の場合は、身長がん中央値に近いサイズを選ぶようにしましょう。それ以外の商品は足首のサイズが中央値に近いサイズを選ぶのがオススメです。サイズが合わないと着圧が弱く感じたり、強すぎたりするので測ってから購入すると安心です。

スポンサーリンク

まとめ

女性は特に脚のむくみを感じやすいですよね。脚の疲れを感じた時にメディキュットがあると、次の日が楽になるので1つ持っておくと便利です。体調やむくみ具合によっては着圧の感じ方が変わる場合があります。体調が悪い時などは、無理に着用しないようにしましょう。メディキュットは様々なシーンに使用できますが、寝る時は使用できないタイプもあるので、使用前には必ず注意事項を見るようにしましょう。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました