オフローラで後悔?デメリットや口コミ評判は?掃除はどうやる?マグネット収納はできる? | 五反田朝日マンションや高級タワーマンション探し中の転勤族ブログ

オフローラで後悔?デメリットや口コミ評判は?掃除はどうやる?マグネット収納はできる?

スポンサーリンク

1日の疲れを取るお風呂にはこだわりたいという人が多いですよね。

筆者も家を建てる際に、ユニットバスを選べたのですが、色々なメーカーのものを比較してかなり悩みました。

そんなお風呂ですが、今話題になっているのがパナソニックのオフローラですよね。

このオフローラですが一体どのようなものなのでしょうか?

またオフローラで後悔をした人はいるのでしょうか?

ここではそんなオフローラについて解説をしていきます!

オフローラで後悔?

しかしそんなオフローラですが後悔した口コミはこちらです。

床が冷たい、浴室が寒い

オフローラのスタンダードでは断熱材は入ってなく、入れないと床が冷たい、浴室が寒いといった公開の声があります。

確かに冬場のお風呂は冷たいですし、あまりにも冷たいとヒートショックなどを起こしてしまう可能性もあります。

オフローラ自体はその対策として床や壁に断熱材を入れることが可能です。

ただ、こちらはオプションになっており追加での費用がかかります。

お風呂の暖かさというのは大事な要素ですし、できたら標準装備にしてもらいたいところですよね。

濃い色の壁は水垢が目立つ

浴室の壁を濃い色にすると次第に水垢が目立ってきます。浴槽は毎日掃除しますが、壁までとなるとなかなか大変です。

浴槽の雰囲気を大切にしたい、というのもあると思いますが、毎日の掃除についてもしっかり考えたいですね。

オプションはあとからつけると最初にまとめてお願いするときより高くなってしまいます。

あとから金銭面でも使い勝手の面でも後悔しないようにしっかりと検討しましょう。

スポンサーリンク

オフローラのメリット

しかしこのように断熱材がなく冷たいなどのデメリットがありますが、オフローラの口コミとしては総じて高評価となっています。

オフローラの良い口みとしては以下のことがありました。

掃除がしやすくて最高!

やはりオフローラの売りである掃除のしやすさは高評価として多かったです。

お風呂は毎日洗うことが多いからこそ、できるだけ楽にしたいですよね。

浴槽が広い

オフローラの浴槽ですが標準でも広めとなっているので、ゆっくり浴槽に浸かることが可能となっています。

値引率が大きくて嬉しかった

オプションをつけるにしても、オフローラの場合、値引率を大きくしてくれることが多いようです。

そのためオプションをたくさんつけても思ったより総額がいかなかったという声も多いです。

ぜひお風呂を設置したいと考えている場合、オフローラを検討してみてくださいね。

スポンサーリンク

オフローラはマグネット収納はできる?

オフローラの掃除の仕方ですが、基本的には通常通りに行えばOKです。

お風呂に入ったら、洗剤とブラシを使って浴室と洗い場をしっかり拭くようにしましょう。

これだけで十分に汚れを落とすことができます。

オフローラは隙間なども少ないので掃除もしやすくなっています。

またお風呂でマグネット収納することで、掃除がしやすく水垢も発生しずらく人気の収納方法です。

オフローラは壁にマグネットをつけることが可能ですので、好きなマグネット収納をつけることができます。

マグネットタイプのディペンサーは汚れや滑りが発生しなくてとても便利です。

筆者の家庭でも愛用をしています。

ぜひこれらをうまく活用して、お風呂の綺麗にキープするようにしてくださいね。

スポンサーリンク

オフローラの魅力

オフローラとはパナソニックが開発をしているシステムバスシリーズのことです。

オフローラ自体はこのバスシリーズの中でもスタンダードモデルとなっているので、標準仕様でも十分にその凄さを感じることができます。

オフローラですが価格やサイズやオプションにもよりますが、大体90万円からという感じです。

これは戸建て用のものとなっていますが、大体標準ぐらいのお値段ですね。

オフローラの特徴としては以下のことが挙げられます。

スゴピカカウンター

オフローラで標準装備となっており、人気の秘訣となっているのがスゴピカカウンターです。

こちらは名前からもわかりやすいですが、お風呂のカウンターをピカピカにしてくれるものです。

お風呂のカウンターってついつい汚れが溜まりやすいですよね。

シャンプーや石鹸を置くことも多く、汚れが溜まりやすいだけでなく、いつの間に水垢もこびりつきやすいです。

そしてそれらの汚れって一度こびりつくとなかなか取れないんですよね。

しかしスゴピカカウンターでしたら素材が滅菌効果があり、汚れが溜まりにくくお掃除がしやすくなっています。

また隙間や段差がないフラットな構造になっているので、水が流れやすくなっています。

スゴピカ浴槽

そしてこちらの素材ですが、カウンターと同様に浴槽にも使われています。

スゴピカ浴槽も標準仕様となっており、汚れが溜まりやすい浴槽を綺麗にキープをしてくれます。

もともとパナソニックの浴槽や高級感あふれる人工大理石、そして使いやすいアーチや曲線が使われていて評判が良かったです。

それに加えて掃除もしやすいというのは嬉しいですね。

収納ラック

オフローラの収納ラックはカウンター横に設置されています。

そのため取る際にもいちいち立ち上がる必要がなく、すぐに取ることが可能です。

スポンサーリンク

まとめ

オフローラですがパナソニックのシステムバスシリーズであり、高評価を得ています。

特に掃除がしやすく汚れが溜まりにくい素材となっているので、お風呂を綺麗にキープをしたいという人にはおすすめです。

ただ断熱材がオプションとなっているので、こちらをつけないと床や浴室が寒いという口コミが多くなっています。

オフローラは掃除も簡単で、マグネット収納も使うことが可能です。

ぜひショールームなどで実物を見た上で、オフローラを検討してみるようにしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました