ソファーのウレタン交換はDIYでできる?修理屋でどれくらいかかる?ウレタンは販売してるの? | 五反田朝日マンションや高級タワーマンション探し中の転勤族ブログ

ソファーのウレタン交換はDIYでできる?修理屋でどれくらいかかる?ウレタンは販売してるの?

スポンサーリンク

ソファーですが長年使っているとどうしてもへたってしまいますよね。

このソファーのへたりの原因は、ソファー内部のウレタンの劣化です。

ソファーを復活させるためには、このウレタン交換が必須なのですがDIYはできるのでしょうか?

また修理屋に任せるとどれくらいかかるのでしょうか?

ここではソファーのウレタン交換について解説をしていきます!

ソファーのウレタン交換はDIYでできる?

ソファですが買った時にはフカフカでも使っているうちにどんどんへたってしまいますよね。

ソファーがへたると座り心地も悪くなりますし、なんとか復活をさせたいものです。

ソファーの復活にはウレタン交換が必要になるのですが、これはDIYできるのでしょうか?

結論から言えば、可能です。

ソファーの内部には軟質ウレタンフォームが入ってることが多いです。

この軟質ウレタンフォームはウレタンの中でも柔らかいクッション性に優れた素材となっており、ソファーや椅子などに使われます。

そしてこの軟質ウレタンですが、さらに以下の2種類があります。

ウレタンスポンジ

ウレタンの中でもスポンジのような材質のものです。

一般的なソファーのクッション材はこちらのウレタンスポンジであることが多いです。

弾力が強いのが特徴となっています。

チップウレタン

チップウレタンはいくつかウレタンの端材を圧縮してくっつけたものとなっています。

ウッドチップ板のウレタンバージョンみたいな感じですね。

こちらはウレタンスポンジに比べて硬いので、ソファーの芯材に使われることが多くなっています。

ソファーによってはウレタンスポンジのみがクッションとして使われていたり、チップウレタンが厚めになっていたりと様々です。

当然ウレタンスポンジのみの方がフカフカになりますし、チップウレタンが厚めになると硬めの座り心地になります。

どのソファーが座り心地が良いかは好みになります。

ですので自分でDIYをすれば好みのソファーの硬さに変更をすることも可能です。

ソファーのDIYの方法ですが、意外と簡単です。

使っているソファーを開けば、大抵薄布に入ったウレタンが見つかるはずです。

それを用意したウレタンと交換をするだけとなっています。

もしウレタンスポンジとチップウレタンを使う場合には、二つを強力なボンドなどでくっ付ければOKです。

最近はDIYも流行っており、ソファーのウレタン交換を解説する動画もYouTubeには上がっています。

なのでわからないことがあればチェックをすれば、十分に初心者でもDIYをすることは可能です。

ぜひソファーがくたって来たら、DIYで復活をさせてみてくださいね。

スポンサーリンク

修理屋ではどれくらいかかる?

しかし、ソファーのDIYですがやっぱり不安という人も多いでしょう。

その場合、修理屋に修理を依頼するのももちろんOKです。

ソファーのウレタン交換をしてくれる業者は多く、家具屋さんでも紹介をしてくれることは多いです。

ウレタン交換のみの場合ですが、ウレタンの材質やソファのサイズにもよりますが、大体3人がけのソファで3万円から5万円ほどが相場となっています。

そしてもちろんソファが大きくなればなるほど費用も高くなっています。

逆にチェアなどの場合には1万円もあれば交換が可能となっています。

修理屋に頼めばミスなくウレタン交換をしてくれるのはもちろんですが、しっかり座り心地に合わせてベストなウレタンを調節してくれます。

それ以外にもソファのほつれや生地の交換など、総合的な修理もすることができます。

値段が不安な場合にはまず見積もりだけを取ることも可能です。

その中で信頼できる修理屋に修理を依頼するようにしてくださいね。

スポンサーリンク

そもそもウレタンは販売してるの?

そもそも気になるのがウレタンが販売しているかどうかですね。

こちらは販売をしており、個人でも買うことができます。

大型のホームセンターではウレタンを販売していることが多いので、DIY用に自分で買うことも可能です。

切り売りも可能ですので、必要なサイズのウレタンを買うようにしましょう。

逆にソファが売っている家具屋さんなどにはウレタンは売っていないことも多いです。

ただお店によってはウレタンを扱っていないことも多いです。

その場合、ネットでもウレタンを買うことは可能です。

ウレタンを始め、ソファのクッション材の専門店もネットにはあるので、希望のウレタンを買うことが可能となっています。

スポンジホームセンター | 切り売りできるスポンジ専門店|富士ゴム産業
スポンジ・クッション・ウレタンなど、緩衝材はスポンジホームセンターにお任せください。必要な大きさにカットするので、面倒なサイズ調整は不要です。技術表彰受賞が証明する高品質な職人の技で、良い物を早くお届けします。椅子やベッド、防音材からスポーツ用品のクッションまで幅広い用途に対応可能です。

このようなお店でも切り売りはもちろんのこと、サンプルセットなどを取り寄せることができるので便利ですよ。

ぜひお店で気に入ったウレタンを見つけるようにしてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

ソファーですが使っていると、次第にくたってきます。

その理由としては中のウレタンの劣化が挙げられます。

ウレタンですがDIYで交換をすることが可能であり、それによって復活をさせることができます。

ただDIYが不安な場合は修理屋に依頼をすることができ、その場合には3万円から5万円が相場になっています。

ウレタンはホームセンターやネットでも買うことができます。

ぜひうまくウレタン交換をして、座り心地の良いソファに復活をさせるようにしてくださいね。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました