エピラットの捨て方は?ヘアカラークリームやチューブ、乳液、化粧水などコスメの捨て方は? | 五反田朝日マンションや高級タワーマンション探し中の転勤族ブログ

エピラットの捨て方は?ヘアカラークリームやチューブ、乳液、化粧水などコスメの捨て方は?

スポンサーリンク

エピラットなど脱毛クリームって中途半端に残ってしまってそのままになっていた、なんてことありますよね。

またこのような商品の捨て方は、ゴミの分別表には記載していないことが多いです。

結論からいうと、エピラットなどクリーム自体は燃えるゴミになります。クリームが入っている容器は素材や自治体によって捨て方が異なります。

外箱に容器の素材が書いてあるので、確認してみてくださいね。

ここではさらに中身の捨て方をご紹介します。

エピラットの捨て方は可燃ごみ

エピラットなどの脱毛クリームの容器は「可燃ごみ」で捨ててください。クリームも燃えるゴミとして扱われるので、可燃ごみで大丈夫です。

外箱はほとんどは紙なので、可燃ゴミ。

商品によっては不燃ゴミの素材も使われている可能性もあるので、外箱の表記を確認し、お住まいの自治体でその素材がそのような廃棄方法なのかを確認してくださいね。

スポンサーリンク

スプレータイプの除毛剤の捨て方は?

スプレーから除毛剤が泡で出てくるタイプの除毛剤の捨て方は、不燃ゴミです。

中身が残っている場合は、中身をすべて出してから捨てる必要があります。

中身を出す際に、

  • 中身を入れる袋
  • 中身を染み込ませるためのボロ布、新聞紙、キッチンペーパー、トイレットペーパーなど
  • マスク・手袋

などを用意しておくといいでしょう。

用意した袋の中に新聞紙やボロ布などを入れ、その中に中身を出しましょう。ボロ布などが中身を吸ってくれます。

「シュー」という音がなくなるまで出してくださいね。

スプレー缶は中身が残っていると、ごみ集積場や収集車、焼却工場などでの火災の原因となる場合もありますので、しっかり中身を出すようにしましょう。

中身がなくなったスプレー缶は穴をあけるかどうかは自治体によって違いますので、ご自分の住んでいる自治体に確認してください。

ゴミの分別用紙などにも載っているので、確認してみてくださいね。

スポンサーリンク

ヘアカラーや白髪染の捨て方

ヘアカラーの中身も燃えるゴミの扱いになりますが、容器は素材によって燃えるゴミか燃えないゴミは異なります。

また自治体によっても違うでしょう。

外箱に容器の素材の記載があるはずですので、その素材が燃えるゴミなのか燃えないゴミなのかを確認しましょう。

中身は容器から出して捨てるようにしましょう。

ヘアカラーはそのまま下水に流すことも可能ですが、ヘアカラーの色が洗面台もしくはキッチンについてしまう可能性があります。

素材によっては色が残ってしまう可能性もあるので、心配な方は袋に中身を出したほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

化粧品など乳液、クリームの捨て方

化粧品などの乳液、クリームタイプのものも中身を出してから捨てるようにしましょう。

中身の出し方は上述した、ボロ布などを入れた袋に乳液やクリームなどの中身をいれ、燃えるゴミとしてだしましょう。

容器は素材によって異なるので、その素材に合った捨て方をするようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

日常生活の中で意外と捨て方がわからないものって多いですよね。

その場合は、手間ではありますが自治体に問い合わせてみるほうが確実です。

間違えた方法で捨ててしまい、自分のゴミだけが残ってしまっていた…となると近隣の方の迷惑になってしまいますし、恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。

自分に対しても近隣の方に対しても気持ちよい行動をしていきたいですね。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました